★細マッチョ?ゴリマッチョ?

カテゴリー:メンズ痩身

2020年12月6日

○細マッチョ

細マッチョの定義は、体脂肪率が12%程度で筋肉量が体重の37~41%を占めているような体に該当する人を指します。

また、BMIも18.5~25%程度に収まることから、見た目は普通体型に見えることが多いのも特徴です。

腹筋以外の筋肉は少ないことが多いものの、皮下脂肪は一般的な体型の人よりも少ない傾向にあります。

細マッチョは適度に引き締まっていることから、服をきれいに着こなせるのも利点のひとつです。

筋肉が付きすぎて太く大きくなることはなく、どちらかというと引き締まっている印象になります。

ただし、細ければ良いというものではないため、やせ型体型の人とはまったく異なるので注意が必要です。

○ゴリマッチョ

ゴリマッチョは、細マッチョよりもさらに筋肉量が多く大きいという特徴があります。

体脂肪率は20%以下が基準で、筋肉の下に皮下脂肪がついている傾向です。

そのためBMIも25以上あることが多く、数値だけで見るとやや肥満傾向なのではと感じることもあるでしょう。

しかし、見た目はボディービルダーのようにしっかりと大きな筋肉がついており、服の上からでも筋肉があることがわかるほどです。

筋肉は大きくわけて遅筋と速筋がありますが、細マッチョは遅筋が多くゴリマッチョは速筋が発達しているという点でも異なります。

ただし、日本人は欧米人と比較すると速筋の割合が少ない人種のため、ゴリマッチョを目指すのは難しい傾向にあることも把握しておきましょう。

効率よくトレーニングを行えば、ゴリマッチョを目指すことは可能です。

「ゴリマッチョを目指しているが思うように結果が出ない」という場合には、トレーニング方法などを見直す必要があります。

ginza halekulaniさき